人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索

    カナダ政府発行のパスポートには”第3の性”が

    Kanadas Ausweise künftig mit neutralem Geschlecht
       
    Ein "X" steht in Zukunft jenen Menschen für kanadische
    Reisepässe zur Verfügung, die sich mit "M" (männlich) oder
    "F" (female/weiblich) nicht identifizieren können.
      
    Menschen, die sich weder als weiblich noch als männlich empfinden,
    sollen in Kanada künftig Ausweise ohne Geschlechtsangabe erhalten
    können.
    http://diepresse.com/home/ausland/aussenpolitik/5274401/Kanadas-Ausweise-kuenftig-mit-neutralem-Geschlecht  25.08.2017
    ___________________________________
    以上ドイツ語の日本語訳と続き

    Kanadas Ausweise künftig mit neutralem Geschlecht
     
      Ausweise(P) →単数形 Ausweis(M)
     
        これは今回の記事のタイトルになっています。
        この見出しを読んで見てどのようなことが頭の中を
        巡りますか。
        
        文字通りに理解しようとすると、というかそうするしか
        ないと思いますが、わたしはこのように解釈しました。
        
        つまり、カナダという国にあっては将来、そう、将来
        証明書類等には男女の区別を示すようなことはしない。
        いわば男性でもない女性でもない、どちらでもないという
        ことを示すために「中性」、または「中立性」と示すだけだ、と。
        
        これはカナダの国民全員に当てはめることになるのだろうか!?    
        
        証明書に保持者の自分は男性である、女性である、と明示する
        ことは止めるというのことなのだろうか、と。
        
        男女同権、または男女平等といった考え方を正式文書にも
        表現、導入しようという意向なのだろうか、と。

        ところで、カナダ国の首都は何と称されていますか。
        それは勿論、「バンクーバ―」でしょう?
         違う違う、「オタワ」ですよね?
         「モントリオール」じゃなかった?
      
      
      
    Ein "X" steht in Zukunft jenen Menschen für kanadische
    Reisepässe zur Verfügung, die sich mit "M" (männlich) oder
    "F" (female/weiblich) nicht identifizieren können.

      
         Reisepässe(P)→単数形 Reisepass(M)
         
         sich identifizieren 自身のアイデンティティを知る
         
      
         大見出しを自分なりに理解、解釈した次第でしたが、
         記者としてもそう読まれても仕方ないということを想定して
         大見出しを書いたのだろうか、どうなのか。
        
         つぎには本文へと進んで読んで見ると、証明文書とは
         どうもカナダ製のパスポートの話をしているようだ。
         てっきり身分証明書とかに男女の性別を記さないようにするのか!?
         と思ってしまったのですが。
        
         どうもカナダ国民全員に当てはめることのようではないですね。
         特定の人たちに限っているようです。
        
         つまり自分は男性とは感じていない、自分は女性とは感じていない、
         そういう人たちのパスポートには男性でもない、女性でもない、
         という個人的な感覚、思いを尊重して☓印が
         付けられるということになるらしい。
        
         男性、女性という性別記載を全面的に放棄するということでは
         ないようですね。
        
         そういう人たちがカナダにはたくさんいるのでしょうか。
         自分は男性とは感じない、思わない、
         自分は女性とは感じない、思わない、
        
         外的な肉体的な印で以って男女が区別できるというわけでもない
         らしい。まあ一つの手がかりになると言えるものなのでしょうが。
        
         in Zukunft、kunftig, in the future
        
         zur Verfügung stehen ドイツ語の熟語として覚えましょう、
         to be available
        
        
    Menschen, die sich weder als weiblich noch als männlich empfinden,
    sollen in Kanada künftig Ausweise ohne Geschlechtsangabe erhalten
    können.   
     
        
         weder noch  この二つの単語はコンビとして登場してくる場合
                 は、二つの事柄をどちらも否定する意味が
                加味されます。
                 
         weder als weiblich noch als männlich 女性としても男性としても
                            (なになにではない)
                            つまり、感じとれない        
        sich empfinden 自分のことを感じる 
        
        Ausweise ohne Geschlechtsangabe  性別(つまり男女)を記載しない
                         身分証明書
    スポンサーリンク
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
    にほんブログ村
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

    <<[前]オーストリアの交通違反者のケッタイな言い訳いろいろ
    >>[次]機内ではコーヒーを注文するな!?
    独語新聞記事のドイツ語文法的な読み方のTOPへ
    "カナダ政府発行のパスポートには”第3の性”が"のTOPへジャンプ