Ohne Zucker seit 30 Jahren!?

Diese 70-Jährige isst seit 30 Jahren keinen Zucker mehr
   
 Vor fast 30 Jahren beschloss Carolyn Hartz auf Zucker zu
 verzichten. Heute ist die Australierin knapp 70 und lässt
 so manche 25-Jährige mit ihrem Body vor Neid erblassen.
 Und dennoch: Für ihren Lebensstil erntet Hartz nicht nur
 Anerkennung.
 
 So wie Carolyn Hartz würden viele Frauen gerne aussehen.
 Mit 69 Jahren hat die gebürtige Australierin nämlich einen
 Körper, von dem viele Frauen Mitte Zwanzig träumen. Auf
 Instagram präsentiert sie sich deshalb gerne im Bikini,
 in sommerlicher Garderobe und knappen Sport-Outfits.
https://kurier.at/wellness/carolyn-hartz-diese-69-jaehrige-isst-seit-28-jahren-keinen-zucker/268.229.795 7.Juni 2017
___________________
以上ドイツ語の日本語訳と続き


ドイツ語にも同音異義語があった!?

1.「名詞」

 今回のドイツ語記事中、目立った名詞を拾い上げてみます。

 > Diese 70-Jährige isst seit 30 Jahren keinen Zucker mehr 
 
  記事のタイトルにもなっている文ですが、冒頭にある
  Diese 70-Jährige の次には何らかの名詞が抜けている
  とも省略されているとも言えますが、それを敢えて記さなく
  ても意味は分かるということですよね。
  
  「この70才の人」ということですよね。女性ですか、
  男性ですか。
  
  そんなことを聞かれたとしても、直ぐに答えられますよね。
  そう、「女性」を表す単語が省略されているとも言えますよね。
  
  Diese 70-jährige ("Frau" oder "Dame") といった風にですね。
  
  省略できるものは省略するのが普通でしょう。
  省略しても意味は分かるという。
  
  ところで「この70才の人」が男性だとしたら、ドイツ語で
  どのように表現されるでしょうか。
  
  女性と同じように書かれることは絶対にないですね。
  男女の区別が付いていないドイツ語なんて学習者を
  混乱させるだけです、笑。
  
  有り難いことにそんな例は稀も稀ですね。
  
  
 > Für ihren Lebensstil erntet Hartz nicht nur Anerkennung.
 
   > Lebensstil(M) lifestyle    
      
  > Anerkennung(F)recognition, acceptance
 

     
2.「動詞」

 次、ドイツ語記事中、動詞を探しだして、下記。
 コメントします。
 
 > isst 
  
  sが二つ、一つの ist の間違いでは?
  と思うことあるかもしれませんが、ここではsが二つ
  が正しい綴り。 isst→ essen
  
    
 > Vor fast 30 Jahren beschloss Carolyn Hartz auf Zucker zu
   verzichten.
 
  > beschloss → beschließen(Eszett)
  etw(4格)beschließen == to decide sth.
 
  > auf Zucker zu verzichten 
   auf etw(4格)verzichten == to do without sth.
   
 
 > So wie Carolyn Hartz würden viele Frauen gerne aussehen.
  この文の中には注意を惹かれてしまう würden という仮定法的な
  使い方をしている単語。
  
  意味としては、たくさんの女性たちがキャロリン・ハーツさん如き
  の容姿に喜んでなりたいものだと考えるでしょうね、
  「もしそういうことを尋ねられたとしたらならば、」
  「出来るものならば、そうでありたい、」
  
  文の裏側にもう一つ別の仮定文が隠されているかのように
  響きます。実際そのような表現は見えませんが。
  
    > aussehen == to appear
     gut aussehen == to be a looker
    
    
 > Für ihren Lebensstil erntet Hartz nicht nur Anerkennung.  
 
   > erntet → ernten == to harvest, to gather
   
   
 
 * *

 以下はドイツ語のコロケーション。

 > vor Neid erblassen   
  ドイツ語の成句
 
英語では to go green with envy

日本語では顔が「真っ青」になるのですね。
英語では顔が?「緑」になる、と表現していますね。
ドイツ語は、と言えば顔から色が消えて「白」になる、のでしょうか。

  ドイツ語でも gruen vor Neid という言い方があるようですので、
  英語同様、顔が「緑」色になるのでしょうか。
  
  緑色の顔はその人の心の中の状態を表現している。    


3.「形容詞」、「副詞」、その他

 Und dennoch
    dennoch == for all that
 
   
  > nicht nur(Anerkennung) 
    この nicht nur という言い方は見逃せん!
    後ろには更には何かが控えている、ということを
    予感させていますでしょう?
    
    それとは何なんのか。
    本文を更に読み進めさせようとするかのような響き。
    
    ”nicht nur,sondern auch”といったドイツ語表現
    コンビを連想させるかのようです。 
    sondern auch とは目に見える形では続いて出て来ていませんが。


4.「前置詞」、その他

  > "seit" 30 Jahren 
  前置詞の seit ですね。
   
  > "Vor" fast 30 Jahren
  上と同じ意味のようなことを別の前置詞 vor を使って
  表現しています。
 
  同じ単語を使って繰り返すことを避けているのですよね

ドイツ語ジョークのオアシス
2性を有するドイツ語名詞がある?

この記事へのコメント