人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索

    Oben-ohne == topless ?

    Darf frau im Freibad oben ohne?
    Alltagsfrage 

     Darf frau im Freibad oben ohne?

     Im Sommer ist es hierzulande eigentlich schon ein gewohntes Bild:
     Um eine gleichmäßige Rundum-Bräune zu erreichen, wird wenigstens
     das Top abgelegt. So weit, so schön.

     Doch ist es überall erlaubt, sich Oben-ohne zu sonnen?
     Und wie steht es, wenn es ins Wasser geht? Muss dann der Bikini
     wieder komplett sein?

     BILD gibt Antworten, damit Sie sich lästige Bikinistreifen nicht erst
     nach dem Sonnenbad wegzaubern müssen.
    http://www.bild.de/ratgeber/leben-und-wissen-verbraucherportal/leben-und-wissen/freibad-oben-ohne-51948536.bild.html
    ___________________
    以上ドイツ語の日本語訳と続き


    ドイツ語にも同音異義語があった!?

    1.「名詞」

     今回のドイツ語記事中、目立った名詞を拾い上げてみます。
     名詞の単数形、複数形も出てきていますね。

     > Alltagsfrage 
      → Alltag(s) + Frage
     
     > frau
      小文字になっている! ドイツ語でも名詞を小文字で書くことも
      あることがこれでわかりますね。
     
      でもこれはわざと、意図的に書いてあるかのような。
      何か意味があるのでしょうか?!
     
      それとも、これは新しいタイプのドイツ語なのでしょうか!?
      ドイツ語で女性を表現するには通常、Frau または Frauen では
      なかったでしょうか。
     
      つまり語頭が大文字で始まっているのがドイツ語名詞、
      というお約束を教え込まれてきたのですから。
     
     
      インターネットで地元新聞のサイトを眺めていたら、
     
      Schluss mit fad 
     
      この fad という単語は英語にもありますが、
      ドイツ語(オーストリア語?)でも使われています。
      口語的な表現で、別のドイツ語では langweilig と
      似た意味で使われている。
     
      退屈だよ、"Mir ist fad." 
     
      fad は名詞ではありませんね。敢えて言えば、形容詞でしょう。
     
      形容詞と前置詞とが直接くっついている。
      そんなドイツ語もあり、なのか!? 
      と納得するというのか、 認識を新たにするというのか、
     
      前置詞の後に直ぐ”形容詞”が来ることは有り得ない!
      というのが私の、ドイツ語文法に関する、今までの認識でしたが、
      それが崩されてしまう!?
     
      それともこの fad は形容詞であっても、
      名詞のように使われているのかもしれませんね。
      と書きながらも自分でも確信していませんが、笑。
     
      ところで、手元のオーストリア語辞書(オーストリアの
      小学校で無料配布
      されていた(いる?) ”ドイツ語”辞書)を試しに
      紐解いたら、frau という単語、出て来た!
     
           
     > Rundum-Bräune
      → Rundum + Bräune
        
       この Rundum の発音はどうなっているでしょう。
       文字通り読んで、敢えてカタカナで表記すると ”ルンドウム”でしょうか。
       ドイツ語の発音は綴られてままにローマ読みをすれば殆ど当っていると
       どなたかが言ったり書いたりしていますが、ローマ字読みすると
       正に ”ルンドウム” でしょう? 本国人に通じますでしょうか。
       
     > das Top 
      
     > Bikinistreifen
      → Bikini + Streifen
      
     > Sonnenbad
      → Sonnen + Bad
      
      
     
    * *

     以下はドイツ語の熟語とみなせるでしょう。

     > So weit, so schön.
     ドイツ語の上限に So weit, so gut. といった成語がありますが、
     それを真似たような、託つけたような。
     
     > Oben-ohne 「上」は「なし」ということで、普通「上」にある
           ものが「ない」という風にする。
           今回の記事ではビキニの「上」のピースがない
           ということです。
           
           つまり男性と同じように、上半身裸ということ、
           多言は要しませんね。
      
       Oben-ohne があるならば、Unten-ohne もあるだろうことは想像に難くないでしょう。 

         
    2.「動詞」

     次、ドイツ語記事中、動詞を探しだして、下記。
     コメントします。
     
     > sonnen
      名詞の die Sonne はもちろん、ご存知でしょう?
      名詞から動詞が作られているとは言い切れませんが、
      関連語の動詞が文中に発見出来たのです。
      
      庭仕事の雑誌記事を読んでいたら、、、もちろん
      お庭のことはドイツ語で Garten であることは
      知っていましたが、お庭仕事をする」という意味
      で使われていると思われる単語(動詞)を見出して
      ちょっとした”発見”に心が時めきました。
      
      garteln(オーストリア語?)
      または gärteln(ウムラウト a)
      
      
      ドイツ語の世界では名詞から動詞が
      思いつくままに作られているかのような気配を
      感じましたが、当っているものなのかどうなのか。
      
      尤も英語でお庭のことを a garden
      お庭仕事をすることを to garden といった風に
      同じ単語でも名詞にも動詞にも使われている。
      ということで何の不思議でもないかも。
      
     > wegzaubern
      weg とzaubern の2語で成り立っている動詞。
      見ただけでも動くイメージが湧いてくるのでは
      ないでしょうか。  
      to make sth disappear (by magic)
     
      似た作りの動詞
      wegwerfen、
      weggehen、
      wegnehmen,u.s.w.    


    3.「形容詞」、「副詞」、その他

     > hierzulande
      意味する所を別のドイツ語で言い換える、または敷衍
      してみてください。
      
      昔の、小学校時代の自分を思い出します。
      国語の時間だった。文章を読んでいると「我が国」云々
      という言葉に突き当たったのです。
      
      「先生、”我が国”ってどこの国のことですか?」
      真剣になって答えを求めました。
      
      ところが意想外にも質問したことについて笑われたような
      記憶があります。
      そんなこと聞かなくても当たり前でしょう!?
      といった反応を感じ取ったのです。
      
      聞かなくとも常識で知っていることもあるのですよね。
      あなたに取っては常識になっていても、わたしには
      まだなっていないものもあったのでしょうね。
      常識にまだ追い付けていけなかった自分だったのかも
      しれません。  
      
     > eigentlich
      この単語の内容または意味する所を別のドイツ語単語で
      そもそも言い換えることが出来るものなのか。
     
      つまりドイツ語にもSynonym という単語があるように、
      eigentlich の Synonym もあるのだろうか。
      単語が意味している内容を別の単語でも言い換えるに
      は語彙力がモノを言うかもしれませんが、そんな関連の
      辞書もないわけではないだろうと、我が書架を眺めていたら、
      出てきました。


    ドイツ語ジョークのオアシス
    ドイツ語にも「同音異義語」があった!?
    スポンサーリンク
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
    にほんブログ村
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

    <<[前]マイケル・ジャクソンの娘パリスの反駁
    >>[次]Ohne Zucker seit 30 Jahren!?
    独語新聞記事のドイツ語文法的な読み方のTOPへ
    "Oben-ohne == topless ?"のTOPへジャンプ