チャールズ皇太子、”人類救済手段”の「代替医学」に理解と確信

Charles, der Alternative
vom 26.05.2006 http://www.nachrichten.at/weltspiegel/447939
             
Prinz Charles (57) hat die Weltgesundheitsorganisation in Genf zu staerkerer Nutzung traditioneller Medizin aufgerufen. Akupunktur und Heilkraeuter sind seiner Ansicht nach Mittel zur Rettung der Menschheit. Charles verwies auf internationale Studien, die das angeblich belegen. Bei Englands Schulmedizinern ist er damit ins Fettnaepfchen getreten: Alternative Heilmethoden seien nicht mehr zu finanzieren und medizinisch eher fragwuerdig.

チャールズ皇太子(57)はジュネーブの世界健康機関に対して代替医療をもっと大いに利用するようにと呼び掛けた。皇太子の見解によれば、鍼や薬草とかは人類救済の手段である。


皇太子は自分の見解を証明するとされる国際的な研究成果を参照するように指示した。以って英国の医師たちにとって痛いところを触られた形になった。代 替治療法は医療費援助の対象にはもはや出来ないし、医学的にも怪しいものだとするのが医師たちの立場。




Alternative.jpg いまなぜ「代替医療」なのか―「癒し」のルネッサンス治癒系を活かすヒーリング・アート (単行本)


AlternativeGuide.jpg
  
代替医療ガイドブック (単行本(ソフトカバー)) 


「人気blogランキング」へクリック! 63UP↑


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック