Mutter verwechselt Schulaufgabe mit Todesnachricht




Mutter verwechselt Schulaufgabe mit Todesnachricht

Liebe Mama, ich schreibe das, um mich zu verabschieden und mich dafür zu bedanken, dass Du mir das Leben geschenkt hast“, lauten die ersten Zeilen des Briefes eines 14-jährigen Schülers aus Großbritannien. Ein Schock für die Adressatin.  
以上のドイツ語記事の日本語訳こちらから
1.Mutter verwechselt Schulaufgabe mit Todesnachricht
verwechselt→ verwechseln、
etw.Akk. mit etw.Dat. verwechseln、to mistake sth. for sth.

Schulaufgabe(F)home-work、exercise


2.Liebe Mama, ich schreibe das, um mich zu verabschieden und mich dafür zu bedanken, dass Du mir das Leben geschenkt hast“, lauten die ersten Zeilen des Briefes eines 14-jährigen Schülers aus Großbritannien.
um mich zu verabschieden 自分がお別れするために、
um プラス zu 不定詞コンビに注目!

mich dafür zu bedanken 自分が(そのために、dass以下のこと)感謝する

geschenkt → schenken、

lauten、

3.Ein Schock für die Adressatin.
Schock(M)shock

Adressatin(F)addressee、receiver、recipient
因みに男性宛だったら、 Adressat(M)addressee。
英語では男女どちらも addressee (← アクセントに位置に注意!)
男性宛に、または女性宛に、を特記したい時には、それ相応の形容詞が書き加えられるのでしょうね。
序に英語で「受取人」のことは? Add....... (英語ではdd となることに注意! 独語では d は 一つ!)

さて、「差出人」は?  今回の、英国の母親と同じように、ちょっと混同するかも? 
よーく眺めてください。一文字が加わっていることで違いが出ている。
「宛名人」は? Adressat(M) 
「差出人」は?         

尤も別の言い方もありますが、、、、
「受取人」 Empfaenger(M)
「発信人」 Absender(M) または Sender(M)

じゃあ、復習になりますが、「住所」は? 

昔、スパイ合戦が大きく取り上げられていた時に、出てきた単語に Informant がありました。
つまり情報を提供する人、情報を提供される人 とでは同じ情報という単語の一部がついていますが、語尾が
異なるということを発見。今回の Adressat/Adressatin に似たことを想起した次第で、序に記して
置きます。

情報を提供する人 Informant(M)whistle-blower、Informantin(F)
情報を受ける人  Informand(M)
この二つは良く? 混同しますね。混同させられます。よく似ているでしょう!? どっちがどっち?
http://www.korrekturen.de/beliebte_fehler/informand.shtml

eingenickt→ einnicken、to doze off
Denn die Mutter des Jungen hielt das Schreiben für einen echten Abschiedsbrief - geschrieben vor einem Selbstmord. Zum Glück fand Vicki Walker ihren Sohn Wesley aber bei bester Gesundheit auf. Denn die bewegenden Worte waren lediglich Teil einer Schulaufgabe im Kreativen Schreiben.
というのも少年の母親はこの作文を本当にお別れの手紙--自殺前に書かれたそれと見て取ったからだ。幸運にも(母親の)ヴィッキー・ウオーカーさんは息子のウェズリー君がぴんぴんとしているのを見出した。この感動を惹き起こす文は学校でのクリエイティブ・ライティング授業での単なる課題の一部であった。

Stellt Euch vor, Ihr hättet nur noch wenige Stunden zu leben – so ähnlich lautete die Aufgabe, die Wesley Walker von seinem Lehrer erhielt.
想像してみなさい。君たちはあと2、3時間しか生きていられない、と。課題はそんな風に進んだ。ウェズリー・ウオーカー君が担任の先生から受け取った課題であった。

Und so begann der 14-Jährige, einen „Brief“ an seine Mutter Vicki zu verfassen:„Weine nicht, ich will nicht, dass Du traurig bist, ich will, dass Du Dich an die lustigen und glücklichen Zeiten erinnerst. Sorge dafür, dass auf meiner Beerdigung alle helle Farben tragen. (...) Ich bin jetzt bei Oma und Opa“, zitiert der britische TV-Sender „BBC“ aus dem Schreiben des Jungen. Kein Wunder, dass Mama Vicki das Schlimmste befürchtete, als ihr Sohn ihr den „Brief“ kurz vor dem Zubettgehen in die Hand drückte: „Ich dachte, ich finde ihn tot in seinem Bett“, so die Britin gegenüber der „BBC“.http://de.nachrichten.yahoo.com/mutter-verwechselt-schulaufgabe-mit-abschiedsbrief.html Fr., 22. Jun 2012
14才の生徒は自分の母親ヴィッキーさんに宛てて「手紙」を書き始めた。「ママ、泣かないで、ママが悲しむことは求めていないんだ。面白かった幸せな時を思い出して欲しい。ぼくのお葬式には明るい色の服を身に着けてね。(中略) ぼくは今おじいちゃんおばあちゃんと一緒だよ」と少年の作文から英国テレビ放送局BBCは引用している。ママのヴィッキーさんが最悪のことを恐れたのは不思議でもない。自分の息子がその「手紙」を就寝するちょっと前に自分の手に渡したとき。「息子はベッドの中で死んでいると思った」とBBCに対してヴィッキーさんは語った。

「人気blogランキング」へも
応援と感激の一クリックをDanke!♪
ドイツ語ジョーク:オーデル川はどこに流れている
ドイツ語ジョーク:初めてのパラシュート降下

この記事へのコメント