Hallo und Tschüss – “Unsere Kinder können nicht mehr richtig grüßen“


rektorin-petra-seibert.jpg










http://www.nachrichten.at/nachrichten/society/art411,816345
11. Februar 2012

Hallo und Tschüss – “Unsere Kinder können nicht mehr richtig grüßen“
Eine Passauer Schuldirektorin erregt derzeit mit einem ungewöhnlichen Verbot Aufsehen: Sie will die Grußworte Hallo und Tschüss nicht mehr von ihren Schülern hören.
以上のドイツ語記事の日本語訳こちらから

1.Hallo und Tschüss – “Unsere Kinder können nicht mehr richtig grüßen“
Hallo und Tschüss、
このHalloもTschuesもいわゆる挨拶言葉ということになっていますが、
勿論 Hallo は人と会ったとき、Tschues は人と別れるときに発せられるのを
よく耳にしますし、私自身、良く使います。

2.Eine Passauer Schuldirektorin erregt derzeit mit einem ungewöhnlichen
Verbot Aufsehen:

Eine Passauer Schuldirektorin パッサウの、ある女性校長先生Passau はご存知かと思いますが、オーストリアとドイツとの国境近くにある、ドイツの町。一度オーストリアから列車に乗って、一日観光をしたことがあります。三つの川が市内で合流している。
erregt
derzeit
ungewöhnlichen
Verbot
Aufsehen

3.Sie will die Grußworte Hallo und Tschüss nicht mehr von ihren Schülern hören.
Grußworte(P)→単数形 Grusswort(N)greeting

Stattdessen fordert sie ein freundliches „Grüß Gott“ und „Auf Wiedersehen“. Geht diese Benimmregel zu weit? Die OÖNachrichten haben die Knigge-Trainerin Andrea Kaltenböck gefragt.
その代わりに親しみを込めた「グリュースゴット」や「アウフヴィーダーゼン」を校長先生は要求している。この躾は行き過ぎだろうか。本紙 OÖNachrichtenは躾行儀のトレーナーであるアンドレア・カルテンボックさんに聞いてみた。(以下割愛、関心のある方は記事原文へどうぞ、読者のコメンタールもたくさん

„Grüß Gott“は人と会ったとき、„Auf Wiedersehen“は人と別れる時に言いますね。
私自身も良く使います。
何故私が? 
よくよく考えてみると回りの人たちがそうしているから、またそうしているのを
目撃していたり聞いたりしているからですが。それが何か?
いわば郷に入っては郷に従うということわざがあるように、そうしている積もり。


「人気blogランキング」へも
応援と感謝の一クリックをDanke!♪

ドイツ語ジョーク:二人の間の共通点

この記事へのコメント